禅の歴史と臨済宗

禅の歴史と臨済宗

臨済宗 禅源寺 トップページ > 禅の歴史と臨済宗
  • 禅宗の中の臨済宗

    禅源寺の宗門である「臨済宗」は、曹洞宗や黄檗宗を含めた"禅宗"の一つです。禅宗とは、広義には座禅を行うことで"仏の悟りの境地を自己に表現"しようとする宗派のことを言いますが、"禅宗"という宗派はありません。

    禅では特に法脈の伝承が重んじられており、ブッダから師資相承して28代目の菩提達磨が中国に伝え、中国禅の初祖となりました。この達磨以後6祖大師になる彗能と、その弟子の青原・南岳により禅の教えは広まります。そして、南岳より「臨済宗」が生まれることとなりました。

    日本で禅宗が成立したのは鎌倉時代、栄西以後のことです。栄西は始め天台密教を学んでいましたが、1187(文治3)年、宋に渡った際に禅と出会った後日本に帰り、1191(建久2)年、九州に報恩寺・聖福寺を創建しました。
    現在では14の本山があり「臨済宗十四派」と言われますが、法系の上では一筋に帰するもので対立的な意味はありません。

  • 臨済宗の特徴

    臨済宗

    臨済宗は寺院建立の際に、様々な縁に応じてブッダや阿弥陀如来、薬師如来、観世音菩薩などをご本尊としておまつりしています。
    しかし、臨済宗は本来"座禅の修行"を行うことでブッダの悟りに直結するという考えがあり、本尊は一定しないということが大きな特徴となっています。また、経典についても古くから金剛般若経、般若心経、観音経などが多く日常に読誦されていますが、これらも"このお経でなければならない"というものはありません。こういったところが臨済宗における教義の特色となっています。

    ご本尊や経典について制約が無いということは、つまりあらゆる事柄や現象はすべて「如来の事実の知彗や慈悲の相として拝んでゆかなくてはならない」、そういった考えに基づいているものです。

私たちの宗門 -禅源寺-

  • 宗派

    臨済宗妙心寺派(禅宗)

  • 宗旨及教義

    お釈迦様の正法を相承れた初祖達磨大師、宗祖臨済禅師、さらに開山無相大師に及ぶ一流の禅を宗旨及び教義とします。

  • 本山及寺院

    正法山妙心寺(京都花園)を大本山とし、1337(建武4)年、花園法皇の勅願によって創建され、開山無相大師の法流は4派に分かれて、全国3,400ヶ寺に広がっています。

  • 本尊

    釈迦牟尼世尊をひとしく大恩教主と仰いで尊崇し、当時は創建の因縁により釈迦如来様をおまつりしています。

  • 経典

    お釈迦様の正法をそのまま心に頂く宗旨ですから、特に経典は一定しませんが、主に般若心経、大悲呪、観音経、開甘露門、坐禅和讃、宗門安心章等をお読みします。

  • 宗風

    宗門は相続とともに禅の安心を求める同心同行であり、開山無相大師の「請うその本を務めよ」の御遺誡と、開基花園法皇の「報恩謝徳」の聖旨を体して仏法典隆を実践する教団であります。

  • 信条

    自心仏である事を固く信じて坐禅にはげみ、本当の自分にめざめ、どんな苦難にもくじけず常に脚下を照顧(みつ)めてくらしを正し、生かされている自分を感謝しつつ世のため、人のためにつくします。

  • 檀信徒

    檀信徒は花園会員として和やかに力を合わせ、社会を「心の花園」にと念じて正法をひろめるようつとめます。

  • 宗務機関

    妙心寺派宗務本所(京都市右京区花園妙心寺町)

臨済宗 妙心寺派 禅源寺

臨済宗 妙心寺派 禅源寺
〒319-1725
茨城県北茨城市関本町
富士ヶ丘1463
TEL:0293-44-3465